育成大会 決勝

  • -

育成大会 決勝

 

戦評

北千葉ポニーは4-5で敗れ、準優勝に終わった。立川ポニーは1回裏、北千葉のふたつの内野エラーで1アウト1塁2塁で先制のチャンスをつかむと、5番朝倉のタイムリーヒットで先制する。2回の裏、2アウト1塁から1番中川のライト前ヒットを後逸してしまい、ホームへの生還を許してしまう。四球、タイムリーとさらに追加点を奪われる。北千葉はエラー、四球がすべて失点にからみ苦しい立ち上がりとなってしまう。北千葉は3回より小石をマウンドに送り3者凡退に押さえ反撃への期待を感じさせる。4回表、北千葉は、2アウトから濱が四球を選び出塁、西川のヒットで1塁2塁のチャンスを作ると9番小甲のエラーの間に1点を返す。続く1番久田のタイムリーで更に1点を返し2点差に詰め寄る。ところが、4回裏、またもエラーがらみで得点を許してしまう。5回表、北千葉は中嶋のヒット、小石の死球、渡辺がエラーで出塁しノーアウト満塁のチャンスを作る。寺園のセーフティスクイズで1点を返すが、果敢にホームを狙った2塁ランナーの小石はホームでタッチアウトとなってしまう。1アウト満塁のチャンスが続き、濱のスクイズで1点を返し、同様に2塁ランナーの寺園がホームを狙いタッチアウト。1点を追う北千葉は最終回、中嶋が四球で出塁するもスコアリングポジションへランナーを進めることも出来ずに、試合終了。立川ポニーが育成大会優勝となった。エラーがすべて失点に絡みんで計5失点(自責点1も四球がらみ)で、自ら優勝カップを逃してしまった。予選ブロックから最終回に追いつき延長戦を制した経験と精神的な成長から、最後まで諦めないで相手チームを上回る声が出ていただけに残念である。


カテゴリー

過去の記事