第39回 関東連盟春季大会 ポニー大会 準決勝 VS 太田翔洋

  • -

第39回 関東連盟春季大会 ポニー大会 準決勝 VS 太田翔洋



戦評

北千葉ポニーは太田翔洋に4-2で勝利し決勝戦進出を決めた。3回までは両投手の好投で互いに無得点で進んだ。太田翔洋は4回裏、先頭バッターが四球で出塁し盗塁、牽制悪送球で1アウト3塁のチャンスを作り犠牲フライで先制する。北千葉は5回表、死球で出塁した寺園が盗塁、パスボールでノーアウト3塁とし、小甲のスクイズで同点に追いつく。ツーアウト後、桜井が振り逃げで出塁すると、久田が値千金の柵越えツーランホームランで2点を追加する。太田翔洋は5回裏、エラー、タイムリーで1点を返す。1点差に迫られた北千葉は、6回の表にヒットで出塁した渡邊が盗塁、牽制悪送球でノーアウト3塁とし、4番中嶋のセンターへの大きな犠牲フライで追加点を加える。最終回は北千葉のピッチャー桜井が3人で抑え北千葉が逃げ切った。先発小石が3回を9人で抑える完璧なピッチング。先発小石の投球制限により4回から登板した櫻井も1安打2失点と好投した。


カテゴリー

過去の記事